勉強のレベルアップ 生活のレベルアップ

【超簡単】1日10分で記憶力を高めるトレーニング法と習慣を説明します

5月 29, 2020

しゅんさんこんにちは。最近何事も忘れっぽいんですよね…
しゅーと
しゅんじろー
よっ!まだそんな歳じゃないだろ!
記憶力を簡単に高める方法ってないですかね?
しゅーと
しゅんじろー
あるぞ!今回は1日10分で記憶力を高める

 

この記事の内容

  • 記憶力とは?簡単な仕組みの説明
  • 記憶力を高めるトレーニング法と習慣

 

この記事は8分で読めます

 

こんな方におすすめ

  • 最近何をしたいか忘れることが多くて悩んでいる
  • 記憶力を高めて暗記に強くなりたいと思っている
  • 誰でも簡単にできるような簡単な記憶力向上トレーニングが知りたい

 

 

この記事の作者について

・2020年6月に開始した大学生ブロガー

・毎日5時間以上費やすブログ愛好家

・開始後3ヶ月で4桁の収益発生

 




 

記憶力の簡単な知識について

 

 

まずはじめに記憶に関する簡単な知識から説明しますね。

 

なんだか難しそうだね
ペンちゃん
しゅんじろー
意外と簡単!

 

今回の記事で説明する方法は”ワーキングメモリ”という脳の機能を高めるトレーニング方法です。

 

この”ワーキングメモリ”とは脳内に入ってきた情報を短期間の間保存する機能で、記憶されている他の情報と組み合わせて、思考や計算また判断などを行います。

 

ここでポイントなのが”短時間の間だけ保存する記憶”ということです。

 

実は人間の長期記憶の保存は”海馬”という部分でされており、その海馬の橋渡しするのが”ワーキングメモリ”ということなんです。

 

そしてさらにこの”ワーキングメモリ”はインプットだけでなく、アウトプットを司っている”前頭前野”とも橋渡ししているので、まさに”記憶を司る中心”と言っても過言ではありませんね。

 

また、”ワーキングメモリ”を鍛えることで、集中力が60%・文章の読解力も20%向上したというテンプル大学の研究結果もあります。

 

凄い!これはもうワーキングメモリを鍛えるしかないね!
ペンちゃん
しゅんじろー
その通り。ではここから具体的な方法を説明していくよ!

 

 

記憶力を高めるトレーニング法

 

 

では次にこの記事の本題である記憶力を高めるトレーニング法について説明していきますね。

 

いっちょ暗記極めて東大目指すか
ペンちゃん
しゅんじろー
応援してるよ(棒)

 

1日10分でできる記憶力を高めるトレーニング法。

 

記憶力を高めるトレーニング法

ズバリその方法は”デュアルNバックテスト”と呼ばれるものです。

 

「何じゃそりゃ」と思った方大丈夫です。僕も初めて聞いた時同じ気持ちでしたよ(笑)

 

でもなんか難しそう…
ペンちゃん
しゅんじろー
そう思うよね。でも実はこれは「ゲーム感覚」で出来るんだよ!

 

そうなんです。この”デュアルNバックテスト”はスマホのアプリでできます。

 

それも何とメンタリズムで有名なDaiGoさんとクイズで有名な松丸亮吾さんの兄弟が作成したアプリです。そして無料!

 

しゅんじろー
控えめに言って最高です

 

たまに広告が入りますが、害悪なものではないので目をつむりましょう。

 

ペンちゃん
で、結局それ効果はあるの??

 

ペンちゃんが言ってくれたようにやっぱり皆さんが一番気になるのは”実際に効果はあったのか”ということですよね。

 

結論から言います。”毎日取り組んでいくことで実感することができます”

 

これは僕自身が実際約1ヶ月間やってみての結果ですし、公式の研究結果もあります。

 

研究結果

ドイツのハンブルグ医科大学が平均8歳の子供たちを2つのグループに分けました。

1つは「ワーキングメモリを鍛える」グループ

もう1つは「全く鍛えない」グループです。

3ヶ月後鍛えたグループは鍛えなかったグループに比べて、長文の読解力が16%、数学の能力は17%向上したという結果が出ました。

 

デュアルNバックテストについてもっと詳しく知りたい方はhttps://one-level-upmens.com/デュアルnバックで記憶力を上げよう!ダウンローという記事でダウンロード法からやり方まで説明しています!

 




 

 

記憶力を高める習慣

 

 

では次に先ほどのトレーニング法により効果を高めることのできる毎日の習慣について説明していきますね。

 

その習慣も簡単にできるの??
ペンちゃん
しゅんじろー
簡単だけど習慣だけでは効果はそこまでない

 

はじめに言っておきますが、この習慣は先ほどのトレーニングの効果を高めるものになっています。

 

なのでここで説明する習慣だけやっていても気休め程度の効果になることを理解しておいて下さいね。

 

ひとこと

・人によれば当たり前の内容になります

 

記憶力を高める習慣

・寝る前と起きた後に暗記する

・睡眠をしっかりと取る

 

しゅんじろー
では1つずつ詳しく説明していきますね!

 

 

記憶力を高める習慣① 寝る前と起きた後に暗記する

 

まずはじめに説明するのは”覚えたいこと(暗記)を寝る前と起きた後すぐにする”ということです。

 

暗記は寝る前にした方がいい。どこかで聞いたことはありませんか?

 

僕も学生時代に暗記は寝る前にした方がいいと言われていたので、寝る前に英単語や日本史を必死にしていました。

 

もっと詳しく

・結果高校3年生の時に日本史は偏差値74を記録したので効果はあると言えますね

 

しゅんじろー
ただし僕は元から暗記と日本史が得意だったというのもあると思います

 

僕の話はさておき、この寝る前の暗記が化学的に効果があると知ったのは大学生になってからでした。

 

その名も”インターリーピング睡眠”です。

 

記憶というのは睡眠時に定着するので、覚えたいことを寝る前に読み返し、朝起きてから再び読む。これだけでかなり記憶が定着します。

 

また、10分程度目をつむるだけでも効果はあるので、特に学生さんは取り組むようにしてみてください!

 

しゅんじろー
暗記科目で偏差値70はもはやすぐそこ…

 

勉強の暗記に特化した記憶力の向上させる方法についてはhttps://one-level-upmens.com/【受験生必見】記憶力を鍛えて暗記を極めるという記事で詳しく説明しています!

 

記憶力を高める習慣② 睡眠をしっかりと取る

 

そして2つ目のポイントは睡眠をしっかりと取るということ。

 

先ほどのポイントで、記憶は寝ている時に定着すると説明しました。

 

ここで明らかになるのが”一夜漬けの意味のなさ”です。

 

しゅんじろー
テスト前はゆっくり寝ましょう。

 

睡眠についてはまだまだ謎が多いとされていますが、その中でも大切になってくるのが

 

ポイント

・決まった時間に起きて寝る

・睡眠時間は短すぎても長すぎても良くない

 

ということです。

 

「どれだけ寝ても疲れが取れないなー」と思ったことがある人はおそらく多いでしょう。

 

そんな方はいつも起きる時間と寝る時間がバラバラの傾向があります。

 

起きる・寝る時間をいつも一緒にするのはなかなか大変ですが、意識していきましょう!

 

ひとこと

・ちなみに寝る時間をいつも同じ時間にすることを”入眠定時”といいます

 

 

記憶力を高めるために大切なこと

 

 

先ほど説明した「デュアルNバックテスト」はワーキングメモリを鍛え、インプットとアウトプットの両方に効果があると言いましたが”記憶力は覚えることが全て”ではありません。

 

どれだけ覚えることが得意でも実際に自分の知識として実践できなければ”覚え損”になるだけですからね。

 

しゅんじろー
どうせならずっと覚えていたいよね

 

ここからは”忘れない”に焦点を当てて説明していきますね。

 

まず、人間が短期記憶(30秒くらい)で覚えることのできる単語は”約10個”と言われています。

 

では、どのようにして短期記憶を長期記憶に変えるのか。

 

それは先ほど説明した「ワーキングメモリを鍛える」ことですが、もっと大切なことがあります。

 

それは繰り返すこと。つまり復習です。

 

少し話を変えますが、「暗記が嫌い・苦手」という人はかなり多いと思われます。僕の友人もほとんどがそうでした。

 

しゅんじろー
しかし、僕は「暗記大好きマン」でした(笑)

 

今思い返せば、元から暗記が好きだったのではなく

「短期記憶を長期記憶にする方法」を分かっていた。

点数が取れる

暗記が好きになる

 

といった感じでした。おそらく苦手な方は「短期記憶を長期記憶にする方法」が分かれば、僕のような暗記大好きマンになれます。

 

ここからは”復習”の方法について説明していきますね。

 

 

繰り返し=復習 これで一気に記憶定着度が変わる!

 

復習には実は”行うべき正しいタイミング”があります。

 

この正しいタイミングで行うことによって、記憶定着度が劇的に変わってきます。

 

その正しいタイミングを示してくれるのが”エビングハウスの忘却曲線”です。

 

このエビングハウスの忘却曲線は結構有名なので、一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

その気になる内容は”人間は1ヶ月間復習しなかった場合80%近くを忘れてしまう”というものです。

 

それはやばい!ほとんど忘れているじゃないか!
ペンちゃん
しゅんじろー
そうなんだよ。復習の大切さが分かるよね、

 

そしてさらに恐ろしいのが”1時間後にはすでに56%忘れている”という事です。

 

せっかく必死に勉強や読書をしたのに、復習しない限り忘れるのは当たり前と考えた方がいいですね。

 

ペンちゃん
だから読書をしても次の日には内容をほとんど覚えていないのか!

 

エビングハウスの忘却曲線

20分後・・・42%

1時間後・・・56%

9時間後・・・64%

1日後・・・67%

6日後・・・75%

31日後・・・79%

 

ペンちゃん
忘れることは分かったけど、結局いつ復習をすればいいの??

 

そう。確かにこの事実を知っただけでは記憶力は上がりません。

 

大切なのは”いつ復習すればいいのか”ですよね。

 

復習は”1日後・1週間後・1ヶ月後にするのが一番いい”です。

 

このタイミングはDaiGoさんが推奨している復習のタイミングなので間違いありません。

 

僕は本を読んで覚えておきたいことをノートにまとめていますが、このタイミングでノートを復習することによって、以前よりだれかに説明する時にすらすらと説明できるようになりました。

 

明らかに知識が身につくスピードが変わったと実感しています。

 

こればかりは疑っていても仕方ないので、この記事で説明した「デュアルNバックテスト」と「正しいタイミングでの復習」を習慣にしてみて下さいね!

 

 

記憶力を高める方法・習慣のまとめ

 

 

まとめ

 

ではここまでの内容のポイントをまとめていきますね。

 

記憶力を高めるトレーニング法

”デュアルNバックテスト”はスマホのアプリでできる!そして無料

記憶力を高める習慣

寝る前と起きた後に暗記する

→ インターリーピング睡眠という

睡眠をしっかりと取る

→ 毎日決まった時間に起きて寝るようにする

 

エビングハウスの忘却曲線

20分後・・・42%

1時間後・・・56%

9時間後・・・64%

1日後・・・67%

6日後・・・75%

31日後・・・79%

→ 復習は”1日後・1週間後・1ヶ月後”にするのがベスト

 

なるほど!これから毎日”デュアルNバックテスト”をやっていきます!
しゅーと
しゅんじろー
いい心がけだな!まだまだ覚えてほしいことはいっぱいあるからな
そうですね!精進します
しゅーと

 

今回のこの記事では記憶力を高めるトレーニング法と習慣について説明してきました。

 

記憶力の向上と睡眠は切っても離せない存在。

 

睡眠は記憶力どころか健康そのものにも関わってくるので、まずは睡眠から見直してから1日10分でできる”デュアルNバックテスト”と”正しいタイミングでの復習”を取り組むようにして下さいね!

 

しゅんじろー
今回の内容は以上になります!お疲れ様でした

 

最後になりますが、この記事を読んでくださった皆さん本当にありがとうございました!

 

もしこの記事を読んで「少しでも良いな」と思ってくださった方はこのブログのブックマークをよろしくお願いします!

 

また次回の記事でお会いできることを楽しみにしていますね。

 




 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゅんじろー

現役大学生ブロガー&webメディア系の会社で記事を書かせてもらっているプロライターのしゅんじろーです!目標は”ブログで月7桁の収入”座右の銘は『やりたいことは全部やってみる』趣味→ スポーツ(特にサッカーと野球)音楽鑑賞、旅行、YouTube鑑賞などなど。彼女の有無は内緒です(笑)

-勉強のレベルアップ, 生活のレベルアップ

© 2021 しゅんじろー Powered by AFFINGER5